チャンピックスの効果

チャンピックスの効果

チャンピックスについてあまり詳しく説明してこなかったので、こちらのページでもう少し詳しく説明したいと思います。チャンピックスは、誰でも聞いたことがある製薬会社、ファイザー製薬から販売されている禁煙補助薬品として販売されています。治療薬と違って、補助薬としての適用を受けている理由としては、薬だけでは完治をすることができないからです。

喫煙はニコチン依存症を伴った症状であることから、タバコを吸わないという方向にもっていくのは、薬だけでなく本人の意思も関係してきてしまう治療になる為です。その為、あくまでも補助薬という適用で認められています。主成分はバレニクリンというα4β2ニコチン受容体の部分作動薬になります。

タバコを吸うと出来る物質をセーブするチャンピックス

タバコを吸うと出来る物質をセーブするチャンピックス

人間の体は非常によくできていて、ニコチンという体内ではありえない物質を取り入れることで、ニコチン受容体という物質が体内に作られてしまいます。ニコチンはこのニコチン受容体と結合することで、幸せホルモンと言われるドーパミンを大量放出します。それによって吸った時の爽快感や快感などを感じることが出来ているのです。

さらに言えば、その時に感じた感覚が忘れられなくて続けてしまうという依存という症状をもたらす原因となっています。この症状は違うと言いたいかもしれませんが、麻薬等のドラッグと言われる薬物依存と同じ状態とも言えるのです。

チャンピックスの有効成分

チャンピックスの有効成分であるバレニクリンは、このニコチン受容体と結合することで少量のドーパミンを放出します。そうすることで、吸っていた際に得ていた感覚を脳内に広めます。そうした効果から吸わないことへのイライラ感を感じなくなる作用があります。更にこの受容体へ先に成分が結合することで、タバコが美味しいといった感覚も得にくくなるのです。

こうした詳細な病理学的な見地から作られている事からも分かるように、今まで販売されていた補助薬と違って、人がタバコを欲したがらないような作用をもたらしてくれるという、非常に素晴らしい補助薬と言えます。

薬の通販サイト