チャンピックスの副作用

チャンピックスの副作用

医薬品なので副作用ももちろん存在します

チャンピックスの効果については、先ほども書いたように非常に理にかなったものであることは、理解して頂けたと思います。しかしながら、この薬にも副作用はどうしても伴ってしまいます。主な副作用に、吐き気、頭痛、便秘、お腹の張り感などが挙げられます。しかし、これ以外にも重篤若しくはそういった状態を引き起こしかねない副作用もあります。どの薬にも言えることですが、この薬にも服用できない場合の人が存在します。

服用出来ない人のケース

服用出来ない人のケース

妊婦や授乳中の方、以前同薬を飲んでアレルギーを起こした方、腎臓の病気がある方、他に服用中の薬がある方、未成年の方、そして精神疾患がある方です。薬の効果の際に説明したように、この薬はドーパミンを放出させます。精神疾患の方の場合、同様の薬を服用していることが多い為、逆にドーパミンが余計に放出されるという悪影響が出る可能性もあるのです。

そのことから、服用後眠気やめまい、意識障害が発生してしまう場合もあります。服用後の自動車等の運転や危険を伴う行動はしないように注意されています。また、逆に抑うつ状態や自殺行為を引き起こしてしまう場合もあるようです。これは、アメリカのFDAで報告された症例ですが、服用患者にこうした状態を引き起こしていたということです。

正しい用法が副作用のリスクを下げます

但し、こうした状態の人の中には、チャンピックスを服用中に喫煙をしていた人もいることから、正しい用法を守らずに行ったがゆえに発生した可能性も大いにあるとみなされましたが、未だに可能性は否めないという事もあるようです。更に他害行為など、上記の抑うつからの発展行為も見られる場合も、FDAに報告されています。

これら全てが服用者全員に起こる訳ではありません。正しい用法容量を守って服用している場合、こうした重篤な副作用は起こりづらいと考えて頂いて問題ありません。副作用は千差万別に近い人の体質によって起こる症状でもあります。服用後、説明書に記載してあった症状が出るようであれば、まず服用を中止し、酷くなるようであれば医師に相談をすることが先決と言えます。

薬の通販サイト