本格的な禁煙ブーム

本格的な禁煙ブーム

国により行われたのがきっかけです

一時期、喫煙はカッコよさや大人の象徴のように、非常に人口が増えました。特に昔はタバコを吸っている女性が非常に少なく、吸っている人は夜の仕事に従事している方だというイメージが強かった時代もありました。それがその喫煙ブームの時代に乗って、多くの女性もタバコを吸う人が増えました。男性だけでなく女性まで喫煙者が増えれば、それは健康を害する人が増えるのも今では当たり前のように分かるでしょう。

こうした事態に乗り出したのが国でした。厚生労働省は、タバコによる健康被害が増大したことで、タバコに対する健康被害の啓蒙活動を始めます。それはタバコを製造している会社にまで及び、タバコのパッケージにすら掲載させるという、営業妨害に近いようなことまで始めました。今ではそれが当たり前のように進んできています。

民間にも浸透している禁煙

いつしかそれが公共の場にも増えてきました。中・長距離電車と呼ばれる交通手段では、今まで喫煙車両、禁煙車両が設けられていましたが、徐々に禁煙車両が増え最終的には全面禁煙になりました。町中でも似たような状況が起こります。歩きタバコ禁止の地区、レストラン等の分煙席、はたまたパチンコ店にまでそれが及んでいます。

こうした背景には、健康に対する意識への高まりと女性に対する配慮という点があるのではないでしょうか。特に女性は臭いに敏感で、タバコが嫌いな人は特に煙や臭いを非常に嫌がります。飲み会などで、もはや男性がタバコを目の前で吸おうものなら、席を変えたいという人もいるぐらいです。

民間にも浸透している禁煙

更に飲食店も女性の利用客は非常に大事なお客様です。現在の女性は昔と違って非常に男性並みに働き、社会に台頭してきています。そして主婦もパートで働くなどして子育てしながら働いている人が多く存在し、そうした人たちは非常に大事なお客様となりえます。ファミレスなどの飲食店は、主婦等の井戸端会議に使われる場所でもあるので、タバコの煙が気になる場所には子供も連れて行けないとなる場合が多くなり、その店を使わなくなるといった場合も多いのです。

更にパチンコ店もしかり。現在非常に肩身の狭い思いをしているパチンコ店は、男性客だけではなく女性客の利用も非常に望んでいます。その為、店内を綺麗にしたり、細かなサービスなども行き届かせている店も多く見受けられます。特にパチンコ屋は店を開けた瞬間に中が煙で曇っているという店内が多かったのではないでしょうか。そうしたイメージ的なモノからも、分煙を設けるなどして、少しでも女性客を取り込みたいという意思を見せているのです。

薬の通販サイト