禁煙で冷え性緩和

禁煙で冷え性緩和

喫煙による冷えとは?

寒い時期に足が冷えるというのは当たり前のことですが、通年手足に冷えを感じる人は割と喫煙者に多いようです。女性の場合、体質的によく冷え性の人が多いので、対策をされる方も多いですよね。冷えは美容にも悪影響を及ぼすことから、マッサージをしたり、湯船に長めに浸かったりと、割とマメにケアする方も少なくありません。でも、男性の場合、殆どマッサージするなどの行為をされる方は少ないでしょう。

今でこそ美容に目を向けている男性の方も多いので、化粧水などを使ってお肌の手入れをされている方もいますが、殆どの男性はそういった美容面でのケアをする人は少ないでしょう。ましてや長風呂する人もそう多く耳にしません。殆どがシャワーや烏の行水といった人が多い気がします。タバコの成分がこうした冷えに関係しているということを知っている人は、どの位いるでしょう?

原因はタバコの成分

原因はタバコの成分

タバコに含まれるニコチン、タール、そして生成される青酸ガスは、血管を収縮させる上、呼吸器系の機能を低下させます。血管が収縮するという事は、血行が悪くなります。また、呼吸器系の機能が低下するということは、体内に酸素を取り入れにくくします。血行が悪くなると、なぜ体が冷えるのだろうと思う方もいるでしょう。

体全体に張り巡らされている血管は、栄養素と酸素を詰めた血液を流します。体の隅々にある細胞に栄養素と酸素が行き届くことで、各細胞が活性化します。活性化するというのはエネルギーを放出することになります。エネルギーとは熱量、つまり熱を発する行為でもあるのです。こうした各細胞の働きが滞りなく行われることで、私たちの体の体温が保たれています。

タバコをやめれば改善できる

しかし血行不良となれば、隅々に栄養も酸素も届かない為、細胞が活性化出来なくなります。そうなると、冷えという形で体に返ってきてしまうのです。冷えは万病のもとと言われているように、冷え体質を改善するだけでも病気になりにくいと言われています。 また、冷えを感じやすい女性にとってもタバコは大敵です。止めただけで体温が上昇し、体の冷えが改善されたという声は多々あります。

あまりにも冷えが強く、色々な対策をしてきたけれど改善されないという人であれば、まずタバコを止めることは大きなファクターとなることでしょう。タバコのリスクはこういったところにまで及んでしまうのです。チャンピックスを使って禁煙を断行することが最も良い解決方法だと言えます。

薬の通販サイト